大量に飲んでも効果は変わらない

何か薬剤を用いるとなると、しばしば量の調節が必要になります。あまり多くの量を用いてしまうと、色々な問題が発生し得るからです。
そもそも病院などから薬を処方してもらった時には、必ず服用量を伝えられるでしょう。1日3粒と言われた時には、それ以上飲まない方が良いです。飲んでしまうと、副作用が生じる確率が大きく高まってしまいます。つまり過剰服用は禁物なのですね。
ところでミノキシジルは、経口摂取をするタイプになります。やはり、それを上記のような量に関する事柄は気になるでしょう。では大量服用するとどうなるかと言うと、「無意味」という表現が妥当ですね。
そもそもミノキシジルは、一定以上を超えてもあまり意味がありません。上記のように1日3粒と決められたなら、たとえ大量に飲んだとしても、効果が変わるわけでもないのです。
つまり1日に3粒飲んでも、たとえ8粒飲んでも、効果は同じなのです。それで後者の場合は、もちろん健康被害が生じる確率は高まります。何かの問題が発生 し得るなら、当然多く飲まない方が良いのです。それゆえにミノキシジルを服用するなら、大量に摂取しないのが大切と言えます。あくまでも言われた分量だけ 飲むようにすれば、特に問題は無いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク